『痛かった話』2016.9月号

園長 藤田喜一郎先生

生後八ケ月の頃、親戚の家の二階の窓から外に転落しました。大きな庭石の間に落ちたことが幸いし、数か所骨折しただけで、一命は取り留めました。この頃から悪運だけは強かったようです。もっとも、私自身の記憶には残っていませんが。

 

 

教頭 藤田真理先生

今は亡き飼い犬に噛みつかれ何度も病院に通った事。指・腕・脚に傷跡が残っています。突然目つきが変わり、跳びかかって来ると、時すでに遅しで、どうしようもありません。本当に痛かったです。

 

 

事務 島崎佐奈恵先生

アデノイドを麻酔無しで切除。次男を抱いたまま階段を踏み外し落下、足指骨折次男は無傷。自転車で転倒、膝骨折・半月板手術。肩腱板損傷。数え上げればキリがありません。(泣)

 

 

業務主任 植木崇成先生

小学校から大学まで野球部で、大事な試合の時に私のエラーで負けた試合が何度かあります。その時は、さすがに心が痛かったです…。そんな時に支えてくれたのが仲間でした。スポーツを通して、仲間やチームワークの大切さを学びました。

 

 

保育主任 谷口 梢先生

小学校の社会科見学で干拓に行き、坂道を自転車で下っている時に水たまりの所で滑ってしまい、膝と右腕に大きな怪我をしてしまいました。特に右腕は傷口から体内に石が入り込んでいて、病院で泣き叫んだ記憶があります。

 

 

統括主任 藤田正喜先生

東京で仕事をしていた時代の話。ついつい飲み過ぎて帰りの電車でウトウト…。気付いた時には茨城の彼方にたどり着き、そこから自宅まで2万5千円かけてタクシーで帰りました。完全にイタイ話です。

 

 

つばめ組 保坂麻美先生

幼少期は毎日のように怪我をして育った私。フェンスから落ちて額を縫う、梯子から落ちる、自転車の三人乗りをして車輪に足を巻き込む、鼻にビービー弾を詰め込む等、怪我ネタ盛り沢山です!お蔭で逞しく育ちました(笑)。

 

 

はと組 山口歩美先生

自宅の車庫からバックで車を出している際、母の車にぶつけてしまいました。家族同士では保険が使えないと聞いて、二台とも全額負担…。当然母の車の修理費も私が支払い、とても痛い出費でした。

 

 

かもめ組 宇山稚夏先生

高校の部活の練習試合中に誰とも接触せずに一人で膝を捻りました。その後歩く事が出来ず、憧れていた松葉杖生活に!しかし現実は、ただただ脇が痛く、早く治る事を祈るばかりでした。(笑)

 

 

ばら組 石川美沙紀先生

幼い頃、大人用の自転車に憧れをていた私は、親の自転車にまたがり、姉を後ろに乗せて坂を下り、余りのスピードにハンドルをとられ、そのまま転倒。二人乗りは絶対にしないとその時に強く心に誓いました。

 

 

ゆり組 曽我紗希先生

小学生の頃、ボールで遊んでいた時「バキッ」と指から鈍い音と激痛が。一ヵ月我慢していましたが、耐えきれず病院に行くと骨折していました。処置が遅く、今でも指の形が変わったままで、指を見る度にあの時の痛さを思い出します(汗)。

 

 

もも組 松本明里咲先生

つい先日、重い荷物を急に持ち上げた時に、なんと人生初のぎっくり腰に。幸いにも軽くて済んだのですが、痛すぎて靴下を履くのも大変でした。実は今も整骨院に通っているとは、大きな声では言えません。(笑)

 

 

ひよこ赤組 中尾美幸先生

昨年、中央公園前を掃除していると、カラス同士が喧嘩を始めました。そのうち一羽のカラスが猛烈な勢いで逃げて来て、私の顔面に激突!こめかみ辺りに傷が出来ました。カラスと衝突なんて奇跡の瞬間でした。

 

 

ひよこ黄色組 藤田香菜美先生

幼稚園の頃、無性に階段をケンケンで降りたくなり、手放しで降りていると、案の定バランスを崩して前歯をコンクリートで強打。出血をタオルで押さえながら、母の自転車の後ろに乗り、歯医者に行った事は一生忘れません。

 

 

ひよこピンク組 境 遥香先生

数年前、朝のマラソン中に子ども達と走っていた時に、前を走る子ども達が転び、よけた私は足が絡み、転倒。膝に大きな傷が出来ましたが「これは頑張った証」と子ども達に自慢しました。しかし、お風呂の時間は、毎日苦痛でした。

 

 

ひよこ青組 朽﨑志緒里先生

中学生の時、バスに間に合わない!と家中を走り回っていて、柱に思い切り足をぶつけた私。なんと右足の小指にヒビが入り、全治一ヶ月の怪我。松葉杖まで使う事になり、見た目は大怪我。怪我の理由を言うのが、とても恥ずかしかったです。

 

 

たまご1組 寺田 結先生

何といっても盲腸の破裂。胃腸炎という診断を信じ、薬を飲み続け…。一旦痛みが治まり、久しぶりに食事を摂って安心していたその夜、ついにその瞬間が!色々な経験をして人の痛みが分かる人になります。

 

 

たまご2組 緒方理紗先生

兄と一緒に布団にダイブするのがブームだった小学生の私は、いつものように走り込んでジャンプ!のはずが、ふすまの角で足の小指を打ち骨折。大泣きの私を観て、兄は大笑いをしていました。

 

 

たまご3組 坂井麻里先生

高校生の時、母に車で轢かれました!登校時に送ってもらい、降りて車の後ろを通っていると『トン』とまさかの衝突。校門に立っていた先生は、びっくり!何と、母はそのまま立ち去りました。少々首が痛かった事は、誰にも言えませんでした。

 

 

たまご4組 植田ひかる先生

小学校の頃、学校で貰ったりんごを大切に抱えて降園していると、道路で躓き転倒。タイミング良く転がったりんごで顔面を打ち、りんごは真っ二つになりました。その衝撃で鼻血を出し、りんごが更に真っ赤に染まった事を覚えています。

 

 

チャイルドクラブ 石住淳子先生

やはり陣痛です。痛いとは聞いていましたが、それはもう想像を超える痛さでした。もう嫌だと思ったのに、その後二回も体験する事になるとは。赤ちゃんの顔を観た瞬間、痛さよりも幸せな気持ちが優りますよね。

 

 

チャイルドクラブ 三池美由紀先生

陣痛の次に痛かったのは、骨折です。随分前のあかつき幼稚園の運動会。開始早々本部横の大木の根っこで足を捻り、まさか骨折しているとは思わず、何とか運動会終了。終わって病院へ行くと、すぐにギブスでした。

 

 

仲良しクラブ 中園佳子先生

小学生の頃、友人と家の前の坂道を自転車で急降下!そして二人ともバランスを崩して転倒し、コンクリート塀で右ひじを強打…。コンクリート塀が真っ赤に染まり、ご近所の皆さんが、大パニックになりました。

 

 

仲良しクラブ 溝上しず子先生

骨折などの大ケガは無いのですが、人生で一番痛かった記憶は出産です。他には例えようのない痛みですが、病気やケガの痛みとは違って、出産後には、感動と達成感で幸せいっぱいになりました。

 

 

フリー 古賀史緒理先生

小学生の私は木材を切る時に何故かカッターを準備。その刃は、両面切れる事を知らずに木材に刃を当て、上から指で思い切りプッシュしました。当然ですが、親指がザックリ切れて大泣きした事を覚えています。

 

 

フリー 岩田謙一先生

ネットショッピングに慣れていない頃。リュックを注文し、後日不在届を持って宅配センターへ。「岩田様ですね。大きい箱が2個です」内心「2個?」と思い、自宅で開けると、全く同じものが2つ…。2回クリックしたようで、痛かったです。

 

 

フリー 髙木純子先生

今年の夏も唐津へ家族旅行に行って来ました。年甲斐もなくビキニを着て波と戯れていると、弟から「姉ちゃん、年を考えんね。痛いやん!」と言われてしまいました。かなり痛かったなぁ。

 

 

フリー 藤田友美先生

せっかちなので、よく痛い思いをします。冷蔵庫から物を取り出し、自分の手がまだその中にあるのに扉を閉めて挟んだり、ドアが開ききっていないのに通ろうとして顔面強打したりは日常茶飯事。30代になったので、少し落ち着きたいです。

 

 

アスシタント 鳩宿和子先生

数年前、ディズニーランドでファストパスを取る為にダッシュしていた時に、思いっきり転倒。痛さと恥ずかしさで一杯でしたが、何事もなかったかの様に立ち上がり、目的のファストパスをゲット出来ました。

 

 

営繕 白浜靖法先生

幼稚園で働き始めて間も無い頃に痛風になりました。読んで字のごとく「痛風」と言うだけあって、風に当たっても痛いというぐらいの痛さです。今でもあの痛さは覚えています!

 

 

英会話講師 Levi先生

I’ve been pretty lucky as far as avoiding any sort of “ouch” moments. It’s been quite a few years since I’ve been seriously injured. other than everyday joint pains from getting older, I’m doing great.

 

 

英会話講師 Josh先生

Summer is fun but don’t forget to use extra sun block! As you know, I enjoy driving my car with the top down and going to beaches. I need a lot of sun block or I get so burnt that I start looking as red as a boiled crab! Ouch!

 

 

体育講師 松川 彰先生

よく足の小指をぶつけます。 その痛さは皆さんも経験があると思いますが、私はその痛みをすぐ忘れてしまいます。何度もぶつけ、今では小指が少し丸くて、強くなりました。

 

 

体育講師 江上浩平先生

「痛かった話」と聞いて、自分の過去を振り返えると、大きな怪我をせずに今まで生きてこられました。頭は弱いですが(笑)丈夫な身体に生み育ててくれた両親に感謝です。

 

 

バレエ講師 重松結香先生

バレエの発表会本番当日、踵の皮がベロンとむけて、足の指のマメがつぶれてしまった事がありました。(しかも両足とも)長いバレエ人生で、一番痛い舞台となりました。